信用情報 ブラック 削除

信用情報について

ネットを検索するとよく見かけませんか?

ブラック情報を削除というワード。そもそも信用情報って削除出来るのでしょうか?

結論から言うと、信用情報・ブラックといわれる事故情報について削除は出来ません。

そんな事が容易に出来てしまったら、情報の正確性が疑われますよね。

では、消費者金融やクレジットカードを利用していた履歴は永遠に残るのでしょうか?

答えは、永遠には残りません。当然に、利用中である期間は残りますが、完済をしたりその後、契約を解約した場合については、その日を起算日として5年経過すると情報が抹消されます。

それでは、ネット上でよく見かける信用情報・ブラック情報削除というのはデマなのでしょうか?

これは、時効を援用する事によって信用情報の登録を抹消させる行為なので、当然にブラック(いわゆる事故情報)も削除されるので嘘ではありません。

時効の起算日に対する考え方ですが、信用情報機構は「その起算日は、最終入金日から行う」としています。

消滅時効の完成には最終入金日か5年経過(正確には、最後に入金をして、返済日が更新されたその返済日の翌日)することが条件です。※時効の中断事由がない場合。

ですので、時効の援用を行い、債権者が債権を放棄する段階で、5年以上前として完済処理を行い、情報機構へ報告するので必然と情報が抹消されるという訳です。

消滅時効を援用できる状態にある方は、時効援用を行なってみるのが良いと思いますが、消滅時効の期間をまだ満たしていない方は、その期間になるまで返済をSTOPするのではなく、積極的に債権者に連絡をし、減額交渉を行なって一括和解や分割和解を行うのが良いでしょう。

元々、お金は返す約束で借りていますし、時効が援用できる5年を待っている間に、債権者から「支払督促」「貸金訴訟」を起こされる可能性も十分にあります。

強制執行を行う前提書類となる「債務名義」を取得され、給与差押えや預貯金差押えをされてしまった後は、分割和解は難しいでしょう。

そんな事をしなくても、あなたの働いている会社が、毎月あなたに支払う給料を差し押さえて債権者に振込み返済を行うからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました